【ラジコン】TT-02も2019年仕様ボディを・・・

2019年のラジコンシーズンが始まりGWには第2戦を控えた今日この頃、

今回はTTクラスのTT-02用ニューボディを作ります。


ちなみに今まではHPI製のS2000ボディを使っていたのですが、今回はこちら。



画像


今回もHPI製のボディ。

カローラレビンです。



どんだけカローラ好きなの!って感じなんですが、レビンのボディに至っては今回で4回目の製作です。


カットしてマスキングして、

画像




なんやかんやあって、





完成です。



画像




やっぱレビンカッコいいわ~。



本当はもう少し赤くしようと思っていたのですが、なんだかこんな色になってしまいました。

ボンネットやスポイラー、サイドスカートなんかをつや消しにしたのが今回のお気に入りポイント。

画像


画像


画像


画像



リアウィングは付けようかどうかかなり迷ったんですが、レースのことを考えて取り付けることに。

画像


TT-02はアンダー出やすいので、空気抵抗低めのリアウィングをなるべく角度を付けずに取り付けました。

リアが滑るようならもう少し角度を付けたいと思います。


カローラレビンのボディで現在手に入るのはパンドラのボディかヨコモのボディなんですが、パンドラはレースするにはふにゃふにゃすぎるし、ヨコモのボディは以前作ったこともありますし、ドリフト用ボディなのでやめました。

画像



その点HPIのボディはレース方向に振ってあるので多少柔らかさはありますがいいかなって思います。


サイドから見ると実車よりもピラーが寝ていて空力に優れていそうな雰囲気ありますし。

画像



HPIのボディは幅190㎜と言っても実際は195㎜くらいあるんで若干タイヤが内側に入ってしまいますが、

画像


画像


まぁこの辺は気にしないってことで。




とゆーことで2019年のボディはカローラアクシオ、ホンダシビック、カロ―ラレビンという今まで私が実車で乗ってきた車3台(アクシオの所は同じ顔のフィールダーだけど)とラリーのランエボⅢになりました。

画像




ちなみに今まで私が作ってきたレビンボディはこちら。


ヨコモのクーペとハッチバック。

画像


画像


そしてHPIのMシャーシ用ハッチバック。

画像


で、今回のHPI製クーペです。

画像


こうしてみると偶然なんですがカラーリングが同じ系統の色合いですね・・・なんでだろ・・・。



第2戦!!勝つぞ~!!!!!


この記事へのコメント

2019年04月22日 20:52
レッドブラウンメタリック?的な、なかなかイイ色に仕上がってますね。カッチョええ~
TAKATO
2019年04月23日 16:18
nas-nasさん=メタリックレッドを薄く吹いてからブラックを重ねて吹くとこんな色合いになりました。
予定ではもう少し赤くなるはずだったのですが、完成してみてこの色で良かったかなって思っています。

この記事へのトラックバック