【ラジコン】空力ということ・・・

3月の終わりに開幕戦をむかえて思ったのですが、冬のオフシーズンの間に仕上げたTT-02とM07、そしてラリーカーのTB-04はそこそこ良かったのですが、昨年末に調子の良かったツーリングクラスのTB-05がいまいちだったんですよね。

路面への食いつきと言いますか、全体的なタイヤのグリップ感がない。


ダンパーやアライメントもそこそこ仕上げてからシーズンオフに入ったはずなのにおかしいなぁ?



フクちゃんとは路面の温度が低すぎてタイヤの温度と合っていないのが大きな原因じゃないのかって話をしていたのですが、そういえば大きな変更点が1つあったんですよ。


それはボディ。

画像


カローラアクシオのGTカーボディからカローラハッチバックにしたんですよね。


正直マシンのセッティングには自信がありましたし、私たちのレース環境やスピード域だとボディが変わっても問題なく走れると思いこんでいました。

見た目の問題だけだと・・・。




でも、ここしか原因が見当たらない。




ということで、もしもの為にストックしておいたボディを塗装してとりあえず今シーズン用にカローラアクシオボディを作りました。


画像


昨シーズンまでのボディと違いを見せたかったので、ボディ色はやや暗めの怪しい雰囲気に。


ライトもステッカー貼りではなくリフレクターを搭載しました。

画像


ポリカ製なので重量的にも問題なしです。


リアはそのままだと面白くないので86風に変更。

画像


日産で言うところのシルエイティみたいな感じ?


実はこのフロントがアクシオでリアが86ってのには思い入れがあって、先月行こうと思ってチケットを取っていて娘がインフルエンザになり行けなかったスーパーGT2019の岡山公式テスト。

そこで今シーズンからデビューするプリウスPHVを見る予定だったんですが、

画像


画像



その中でこんあマシンが走っていたんです。

画像


見てもわかんないでしょうけど、フロントがプリウスでリアがプリウスPHVになっているんですよ。

理由はテスト前にクラッシュしてフロントマスクの改修が間に合わなかった為に急遽プリウスの顔を付けたこの時限定のマシン。

これ見て、あっこうゆーのもありだなって思ったんですよね。



で、私のカローラアクロクが出来たわけです(笑)


ま、なんかどうでもいい話が続きましたが、今回のボディで重要なのはこのリア部分。

画像


大きく後ろにせり出したリアウィングと左右のスポイラーパーツです。


このエアロパーツがどのくらいマシンの動きに影響があるのか?今回はこれを確かめたくて極端にリアウィングを後ろに出してみました。




では走行テストです。



画像






で、走った感想なんですが、












なんじゃこりゃ~!!!!






全然マシンの動きが違う!!!




フロントタイヤはしっかり切り込んでるのにリアが流れることなく付いてくる!!


ストレートでもマシンの挙動はほとんど乱れずしっかりアクセルを開けることが出来ます。




ここまでボディで違うとは・・・。






試しにボディなしで走ってみたところ、


画像



マシン自体は軽く動くイメージなんですが、ストレートの安定感はなくふらふら・・・。

コーナーでは弱アンダーで入っていき後半突然オーバーステア・・・。


やはり走れません。



やっぱりラジコンでも空力って大切なんですね。




ついでにリアウィングだけ外して走ってみたところ、


画像



ボディなしよりもさらにひどい走りでした。


原因としてはフロントの空力は働いていてフロントタイヤへのトラクションはかかるものの、リアのトラクションがかからないので前後のバランスが崩れてリアが振りまくり。

元々リアウィングなしで仕上げたマシンなら良いでしょうが、ありきで仕上げたマシンだと全然走れませんね。

バランスって本当に大事なんですねぇ。

今シーズンはこの辺の空力についても色々試しながらマシン作りして戦っていこうと思います。


奥深きラジコンの世界・・・。


この記事へのコメント

フクちゃん
2019年04月12日 18:22
ラジコンのセッティングは深いですわ。
経験が全てですね。
TAKATO
2019年04月12日 19:55
フクちゃん=やはりボディの選択は重要だね。
TTクラスはいろんなボディで楽しもう!
2019年04月15日 20:56
あたくしのような素人でも操縦すると分かるのかな?
TAKATO
2019年04月15日 21:04
nas-nasさん=この違いはわかると思います。
スピンしてた車がスピンしなくなるんですから。
ムーヴとスカクーくらいの差はあるかもしれません。

この記事へのトラックバック