ミニ四駆 ハイブリッドフレキMSシャーシ・・・

さて今回製作したマシンは以前から作ってみたかったMSフレキマシンです。

実際【フレキシブルなんちゃら】とか【北陸フレキ】とか作ってみて何度もテストし、色々な人の動画等を見た結果最終的に私がいいなと思ったマシンは【ハイブリッドフレキ】とゆう結果になりました。


画像



今回のマシンを作るにあたりまずこだわったのはマスダンパーを搭載しないとゆうこと。

ホエールとかだとフロント提灯にキャッチでシャフトダンパーってのが多いですが、見た目すっきりまとめたいのと、せっかくのフレキを活かそうと思いマスダンパーなしです。

厳しい部分はブレーキで補います。


画像




で、何がハイブリッドなの?って話なんですが、まずフロントは北陸フレキを採用しました。


画像


詳しい作り方は色々なサイトや動画を見ればわかるんで説明しませんが、北陸フレキに利用するN-04・T-04パーツはよくある赤強化ではなく限定のカーボン混入を使用しました。

私的にこちらの方が接点の滑りがよく見た目の色も良く感じましたので。


バンパーはすべてカットしFRPで新たに製作。

こうすることにより通常よりも低い位置にフロントローラーを設置できるのでジャンプ後のローラーの食いを早める効果を狙っています。


フロントの可動はこのくらい。

画像


画像


これ以上行くとスパーが外れるんでご注意を。



そしてリア。

こちらはフレキシブルなんちゃらを採用。

画像


こちらも製作方法は調べてください。


可動範囲はこのくらい。

画像


画像



こんな感じで2種類のフレキを合体させたのでハイブリッドフレキってわけです。

これにした利点はまずフロントから。

フロントはとにかくショックを吸収してくれます。

そしてタイヤ部分だけが動くのでスラストがアッパーになる心配がない。(フロントは結構大事)

車体が沈み込んだ時にはダウンスラストがかかり速度が落ちますが、それはそれで安定性につながるので好都合だと私は思っています。


次にリア。

リアは北陸だとブレーキプレートが傾くことがありまっすぐ飛ばないことが多いように感じました。

なのでなんちゃらにしたのですが、こちらは少し動く程度であまりぐにゃぎにゃにはしていません。

この辺は好みかもしれませんが、フレキでよく言われるリカバリー性能よりも、リカバリーしなくてもよい安定したジャンプってのが大切だと思いますので。

車体は沈むとこんな感じ。

画像


画像


ぐにゃぐにゃと動くとゆうよりもしっかり下げて電池自体をマスダンパーの代わりに使う感じです。


ちなみにボディーはエアロアバンテ。

画像


すっきりとシャープなイメージにしたかったのでかなり気に入っています。



それでは気になる走行動画をジャンプメインでご覧ください。




なかなか悪くないマシンになりましたね。

U氏のサーキットなら問題なく走れるので仲間内でレースしたいものです・・・。


そうそう、いよいよ2016年ジャパンカップも始まりますが今回から参加人数が多くなってきたので参加が抽選に・・・。


とりあえず大阪大会当選しました。

画像


公式大会は現在こちらの2台を調整中。

画像


私的にはFMS2で参加したいところですが、マシンの仕上がり見てFMS2かMAか決めたいと思っています。



熱い夏のレースが楽しみですね♪





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック