GAK LIFE

アクセスカウンタ

zoom RSS 【水族館】宮島水族館みやじマリン・・・

<<   作成日時 : 2018/04/25 08:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回は広島県の宮島にある宮島水族館みやじマリンへ行ってきました。

画像



ちなみに今回宿泊した宿はこちらの国民宿舎杜の宿。

画像


この写真を撮影したところからそのまま後ろを向くと水族館とゆう立地です。

画像


徒歩1分くらいか?走ったら15秒くらい。


こちらの宮島水族館は広島県立水産資源研究所として、1959年に設立され60年以上の歴史がある水族館です。

そして2008年に現在の形となるリニューアル工事が始まり、2011年にオープンした比較的新しい水族館です。

2008年当時私はマリンアクアリストとして自宅で海水魚水槽を維持していたのですが、その当時リニューアル工事に伴う生体の里親を一般公募していたのを覚えています。


さて今回ももちろん貸し切り水族館レポートですので、9時を待たずにオープンと同時に入館。

画像


チケットを購入するエントランスは厳島神社の雰囲気を出した斬新な造りです。

画像


入ってすぐにこの水族館のコンセプトが表示されていますので一応見ておくのが良いかと思います。

画像



お世辞にも大きな水族館とは言えない宮島水族館ですが、さすがに新しいだけあって館内はおしゃれで綺麗な空間になっています。

画像


画像


画像


展示されている生き物は宮島の生態を伝える物が多く珍しいものはあまりありませんが、一つ一つが丁寧に飼育されているなって感じはします。


ではここから宮島水族館の魅力を見ていきたいと思います。

まずはやはりこのカキいかだ水槽。

画像


画像


こんなの他では見たことありません。

上部はその名のとうり筏になっていて養殖カキの雰囲気をそのまま見ることができます。

画像


ここにはこのような水中メガネが設置してあり中をのぞくことも可能。

画像


子供にはこうゆうの楽しいですよね。

カキの周りにはアオリイカが泳ぎ、その1番下にはカタクチイワシが群れで円を描きながら泳いでいます。

画像


カキやイカには水流が強く当たっている感じはなかったので、底の部分にだけ程よい水流を発生させてイワシのコントロールを行っているんですかね。

面白いです。


水槽の裏側に回ってこんな感じの写真を撮る場所もあります。

画像



南の海の魚水槽ではレイアウトの乏しさは目立つものの、ライトの当て方でうまくそれをカバーしており上手な展示となっています。

画像



次にこんな空間も。

画像



ここはドクターフィッシュやカブトムシの幼虫を触ることができるタッチスペース。

画像


お洒落な雑貨屋さんのような空間ですが、ここで面白い物を発見。

画像


サケガシラ触れます!!

まぁもちろん生きたものではないのですが、死後のものをそのまま保管し質感をダイレクトに感じることができるようになっているんです。

画像


画像


凍る手前くらいの冷えた水を絶えず流し続けることによりこの状態を維持しているようで、手を付けるととても冷たいです。


ちなみにノーマルなタッチプールは別に設置してありますのでこちらも楽しめそうですね。

画像




次は宮島水族館最大の水槽であるいやしの海水槽。

画像


1階と2階にまたがる大きな水槽なんですが、上部はこんな感じ。

画像


そして面白いのは裏側や側面。

小窓や割れ目などが作ってあり海底や岩の隙間に潜む生き物を探す楽しみがあります。

画像


画像


また小窓にはレンズ状の物もありまた違った水槽の見え方を提供してくれます。

画像




さて宮島水族館で人気の生き物はもちろんこちら。



スナメリです。


画像



瀬戸内海に生息する唯一のクジラ。

その姿は愛らしいの一言です。


優雅に泳ぐスナメリの姿は時間を忘れて見てしまいますね。

画像


スナメリ水槽は上部と側面からも見ることができますので、混雑時も比較的見やすいかもしれませんね。

私は貸し切りでしたけど。

画像




次に人気なのはカワウソ。

画像


面白いのは飼育スタイルでこのように左右に2つの飼育スペースが設けられており、

画像


通路を挟んで透明なパイプの中を移動することができるようになっています。

画像


可愛いですね。



他にもペンギン。

画像


トド。

画像


アザラシなどが自然光の中観察することができるようになっており、天気が良ければキラキラとした美しい光の中で見られるのでおすすめです。

画像


天気悪かったらどうすんの?って話ですけどね・・・。


ライブプールも綺麗な物があり楽しいアシカのライブパフォーマンスを見ることができるようです。

画像


私は時間的にちょっと見ることができませんでしたのでまたの機会に・・・。


で、最後にショップですね。


画像


広さも十分で品揃いも良い印象です。



といったところで今回のレポートは終了。


滞在時間45分と急ぎ足のレポートだったのですが、宮島という立地ですので観光のついでに立ち寄るには十分な面白さを備えた水族館だと思います。(ここメインで行くにはちょっと弱め)

次に行くときはもう少しゆっくりと見たいなぁと思いながら水族館をあとにしました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大きくなくてもキレイな水族館ですね。まだ新しそう。それにしても、ココも貸し切り状態ですなぁ〜。
nas-nas
2018/04/25 20:24
nas-nasさん=広島、岡山辺りには大きな水族館がいので山陽では貴重な水族館です。
この時はホントに私と娘しかお客さんがいませんでした。
TAKATO
2018/04/26 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
【水族館】宮島水族館みやじマリン・・・ GAK LIFE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる