GAK LIFE

アクセスカウンタ

zoom RSS 厳島神社大鳥居と豊国神社(修学旅行)・・・

<<   作成日時 : 2018/04/23 11:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

宝物館の前で1人座っていること数十分。

そろそろ小学生たちも集合して旅館へ向かう時間ですので、娘を回収しに私も移動します。


そしてここからは娘と2人で夕暮れの大鳥居を見に行くことに。

前回をお話しましたがこの時厳島神社は干潮。

大鳥居まで干潟を徒歩で進むことができました。


画像



この大鳥居は高さ16メートルと木造鳥居の中では日本一の大きさを誇ります。

近くに行くとその大きさに驚きますね。

そして使用されている主柱は樹齢約500年の楠の木。

画像


周囲は10メートルもあるそうです。

画像


重さは約60トンでこれが固定されずただここに置いてあるだけってのが面白いですね。

鳥居の上部は箱型になっておりそこに約7トンもの石が詰められているそうです。

画像


単純に箱型にして重しを入れようって考えは平安時代から続く知恵だったのでしょうね。


完全に水がひいた状態であればこのように厳島神社をバックに写真を撮ることができます。

画像


ちなみにこの日18時の潮位は3pと最も潮が引いた時間。

干潮時でも鳥居の周りに海水が残ることもしばしばらしいのですが、この日は中潮と運よく潮の引きが多い日だったようです。

画像




この4時間後には225pになるとのことでしたので驚きです。


とゆうことで海を歩いて渡って今宵の宿へ向かいます。

画像




宿泊はこちらの国民宿舎杜の宿。

画像


修学旅行生のみんなとは敢えて離れた場所の宿を取りました。


すぐにお風呂に入って疲れを癒し、

画像


画像



ようやく晩御飯。


画像


く〜っ!!美味い!!

画像


穴子のしゃぶしゃぶなど様々な瀬戸内と山の幸をいただきお腹いっぱい。

こりゃ贅沢な修学旅行だわ。








翌朝。




皆は7時半にはフェリーに乗って宮島を脱出し、バスに乗って福山方面へ向かい鉄工場の社会科見学なのですが、私たちはここからもう少し宮島を楽しんでから出発することにしました。(工場見学はバスじゃないと入れないので)


とゆうことで朝食を食べて向かったのは昨日見えていた五重塔を有する豊国神社。


画像



朝のすがすがしい空気と静かな時間。

画像


しかし目的は五重塔ではなく豊国神社の参拝です。

大人100円で中へ入ることができます。


豊国神社は1587年に豊臣秀吉が建立。

しかし秀吉の死去とともに建設は中断され現在も未完のまま現存しているそうです。



未完のままってところがまた心をそそりますね!!



とにかく神社の中とその立地が素晴らしいんですよ!!

未完とゆうことで壁や天井はなく柱と梁がむき出しのままなんですが、それが開放的な空間を作り出しています。


画像


画像


画像

梁には厳島神社へ納められた巨大絵馬や絵が移され飾られており、それを見るだけでも歴史の価値を知ることができます。


画像



そして縁側に出ることも可能。

画像


画像


ここから見える景色はこれ。


画像


厳島神社を上から展望できます。

いや、展望できると言うよりも展望できる位置に建設したと言うべきでしょうね。


そして上の画像で見える不自然な2本の柱。

実はここが豊国神社の入り口になる予定だった場所だそうです。

厳島神社からまっすぐに入り口を作る予定だったんですね。



もし入り口まで完成していたら、こんな風に正面に座って景色を見ることはできなかったかもしれませんね。

画像


色々な意味でとても素晴らしい神社参拝でした。



さて時間に限りがありますのでここからダッシュで次の目的地に!!


画像



やって来たのは宮島水族館!!

画像


こちらはいつものように水族館レポートでご紹介します。


つづく。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
厳島神社大鳥居と豊国神社(修学旅行)・・・ GAK LIFE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる